ホンダS660とダイハツコペンを見に行ってきました。

ホンダS660とダイハツコペンを見に行ってきました。

4月4日の土曜日にホンダS660とダイハツコペンを見に行ってきました。
まずはじめはホンダS660を見に行きました。展示してあったのはタイプαのプレミアムビーチブルー・パールでした。最初に見た印象は想像していたより大きく感じました。これはショールームの中だからそう感じたのかもしれませんね。

外観はやっぱりかっこいいですね。軽なのに低くてワイド感があり存在感ばっちりです。低さは半端内ですね。

s660b

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いざ、運転席へ!ドアノブが小さくて後ろ側から前に引くタイプで、ドアノブの位置も低いので操作性はいまいちです。ドアの重量感は軽とは思えないほどしっかりした感じでした。

トップがはずしてあったので頭は気にすることはなかったのですが、さすがに低いだけなった乗り込むのも大変でした。ちなみに私は身長178センチの体重80キロのデブ体系です。デブがこんな小さい車に乗るな!と思われるかも知れませんが小さい車がすきなんで仕方ないですね。

シートに座るとヒップポイントの低さとタイトなコクピットで完全なゴーカート気分ですね。私の体がぴったりとシートに納まりハンドルやシフトなど自然な位置関係にびっくりです。まるでオーダーしてあるかのような感じでした。

この感じは、初めてな感覚ですね。ペダルの位置も乗り込んで足を伸ばせばそこにペダルが自然と配置されています。そのままドライブに行きたくなりました。

トップを閉じて再度運転席に座ってみましたが頭上はこぶし半分ほどの余裕がありました。これなら私でもOKですね。

降りるときはまた一苦労ですね。ドアを大きく開けないと右足がでません。その後体の向きを変えるのですが、シートが体にフィットしいるから体を動かすのも苦労します。腹筋を鍛えておくことが必要ですね。

狭いところではドアが大きく開けられず乗り降りに苦労すかも知れません。特に雨降りは傘の置くスペースもないので考え物ですね。

荷物を置くスペースがないので一人乗りがメインだと思います。ここは完全に割り切っている感じですね。デートでも彼女の荷物は足元スペースぐらいしか置く場所がないですね。その足元もシートポジションが低いのであまりスペースはありません。

まとめとして、一人でドライブを楽しむ軽スポーツがS660だと思います。それ以外の用途での使い道は皆無ですね。

そこで、ダイハツコペンもその足で見に行ってきました。
早速運転席に乗り込んでみました。S660に比べるとスムーズに乗り込むことが出来ました。ポジションもS660に比べれば乗用車に近い感じでなんとなく広く感じてしまいました。

 

sp_140620daihatsu_01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直乗り降りや普段の使い方ならS660よりコペンのほうがかなり使いやすい印象です。気軽にオープンを楽しむならやはりコペンのほうが実用的ですね。デザインは好みの問題があるので好きなほうを選べばいいと思います。

ビルシュタイン製の足回りやレカロシートなどを装備した「Robe S」は結構いいのではないでしょうか。夏には丸目のコペンも出ますので楽しみですね。

今回はS660とコペンを見てきましたが、気軽にオープンを楽しむなら収納もある程度あるコペン、軽スポーツを純粋に楽しむならミッドシップのS660となるんでしょうね。

あなたが乗りたいと思ったのはS660ですか?それともコペンですか?

やはり、軽の2シーターに乗るには多少でもスリムなほうがいいですよね。そこでこんなダイエットを始めてみました。

グリーンベリースムージーダイエットを15日間お試し体験!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Ads by Google

TV通販で話題のダイエットティー「飲まなく茶」

楽天カードでポイント生活はじめよう!

GACKTさん愛用

キャラ&ホビー格安通販

体臭、口臭、加齢臭対策は?

バストケアの強い味方

ページ上部へ戻る